イオンモール岡山・岡山駅 周辺 飲食店等 「岡山県板 新型コロナウイルス感染防止対策徹底宣言店チェックシートをご活用ください」/今後、第三者認証制度の導入によって飲食店における感染防止対策の推進

イオンモール岡山・岡山駅 周辺 飲食店等 「岡山県板 新型コロナウイルス感染防止対策徹底宣言店チェックシートをご活用ください」 

https://www.pref.okayama.jp/page/722481.html


対策を徹底(プラスα)して、飲食店等を再開 して欲しい。県知事とともに、県民も頑張ろう!

岡山 6月定例県議会開会 休業や時短飲食店の協力金など補正予算案 ( 今後、第三者認証制度の導入によって飲食店における感染防止対策の推進を「急げ」 )
新型コロナウイルス感染防止対策徹底宣言店チェックシートss.jpeg
( インド型変異株(デルタ)対策は、もう少し、厳しい対策が必要かも?? 「山梨モデル+α」がいる? 都道府県の職員の確認・行動「汗」はなし??か。岡山県の対応は??十分か? )

  岡山県では、飲食店・利用者双方が安心して利用できる環境づくりを後押しするため、飲食店の皆様に感染防止対策を徹底するためのセルフチェックを行っていただき、取組内容をPRしていただけるよう、「新型コロナウイルス感染防止対策徹底宣言店チェックシート」を作成しました。 
 店舗での感染防止対策を徹底し、お客様に安全・安心にご利用いただけるよう、ぜひご活用ください。
新型コロナウイルス感染防止対策徹底宣言店チェックシート

チェックシートの利用方法
1 チェックシートをダウンロードして印刷


2 次の感染防止対策を徹底しているか確認し、徹底できている対策にチェック(✓)を記入
 (1)入口に消毒設備を設置し、入場時に、来店者に手指消毒を呼びかけ
 (2)来店者に、飲食時以外のマスクの着用を呼びかけ
 (3)対人距離が1m以上確保できるよう座席等を配置、もしくは、アクリル板(目を覆う高さ以上のものを目安)、 ビニールカーテン、パーティション等を設置
 (4)十分な換気を実施(窓、ドアを2方向全開、30分ごとに5分程度等)
 (5)業務開始前に、従業員の体調確認を行い、体調がすぐれない場合は勤務を停止


3 店舗名を記入


4 店舗の入り口など、お客様が見えやすいところに掲示


※素材のダウンロード及び使用は無料です。
新型コロナウイルス感染防止対策徹底宣言店チェックシート [PDFファイル/138KB]

https://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/724231_6576109_misc.pdf
以前
https://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/722481_6555994_misc.pdf


よくある質問
Q1 チェックシートを作成した目的はなんですか。
 新型コロナウイルス感染症の大きな感染源の一つとして、マスクを外す飲食の場面が挙げられることから、飲食店の皆様に感染防止対策を徹底するためのセルフチェックを行っていただき、取組内容をPRしていただくことで、飲食店・利用者双方が安心して利用できる環境づくりを後押しします。
Q2 チェックシートを利用できるのは飲食店だけですか。
 県内に所在する飲食店を主な対象としていますが、飲食の場面のある施設等がご利用いただいても差し支えありません。
Q3 チェックシートはどこに掲示したらいいですか。
 店舗の入り口など、お客様が見えやすいところに掲示してください。
Q4 飲食店は必ずチェックシートを掲示しなければいけないのですか。
 チェックシートの作成・掲示は義務ではありませんが、店舗での感染防止対策をPRし、お客様に安全・安心にご利用いただけるよう、ぜひご活用ください。
Q5 チェックシートは、白黒印刷したり、掲示場所に合わせて拡大・縮小したりして使用してもいいですか。
 はい、構いません。
Q6 チェックシートに有効期限はありますか。また、いつまで掲示すればいいですか。
 有効期限や掲示期限は設けておりません。
Q7 チェックシートを店のホームページやチラシなどに掲載してもいいですか。
 はい。お客様に安全・安心してご利用いただけるよう、ぜひ積極的にご活用ください
Q8 パソコン等がない場合、どのようにしてチェックシートを取得したらいいですか。
 恐れ入りますが、最寄りのインターネット環境のある店舗等をご活用ください。
Q9 新型コロナウイルス感染防止対策徹底宣言店は県の公認ですか。
 感染防止対策徹底宣言は、飲食店の感染防止対策を「見える化」し、飲食店・利用者の双方が安心して利用できる環境づくりを後押しするもので、県が各店舗の取組内容を認証する制度ではありません。(いわゆる「第三者認証制度」とは異なります。)また、新型コロナウイルスに感染しないことを県が保証するものではありません。
Q10 市町村が作成しているチェックシートとどちらを使用したらいいですか。
 セルフチェックを行っていただくために作成したものですので、どちらをお使いいただいても構いません。
お問い合わせ
岡山県新型コロナウイルス感染症対策本部事務局
電話番号:086-226-7960


/////
参考

岡山 〈新型コロナ〉ワクチン接種予約の仕方が分からない高齢者をサポート 民生委員や愛育委員などに協力を 岡山市 ( 高齢者のサポート急げ! ワクチン難民を出すな!)
http://okayama00way.blog.jp/archives/44077268.html

ワクチン接種率「46位」から「2位」に急浮上……岡山県の3つの「いいね!」とは 予約混乱防ぐ「次の一手」も(一部の高齢者は、置き去りのままである という視点なし?? ダメな報道の極み?? とある高齢者)
http://okayama00way.blog.jp/archives/44077289.html


岡山県 感染状況改善 ステージ3に引き下げ 県独自の時短営業などの要請は状況をみながら判断(インド型変異ウイルス「デルタ」について、来週から県内で検査を始める ) 検査よし! 経済も考え対策を!
http://okayama00way.blog.jp/archives/44077197.html
/////


岡山 6月定例県議会開会 休業や時短飲食店の協力金など補正予算案 ( 今後、第三者認証制度の導入によって飲食店における感染防止対策の推進を「急げ」 )


 岡山県の6月定例議会が14日に開会し、休業や営業時間の短縮の要請に従った飲食店に、協力金を支給する費用などを盛り込んだ補正予算案が提出されました。

開会した6月の定例県議会に提出されたのは、一般会計の総額で264億8200万円あまりの補正予算案などです。
このうち、補正予算案のおよそ8割にあたる213億7400万円が、緊急事態宣言に伴って今月20日までの休業や、営業時間の短縮の要請に従った飲食店などに協力金を支給する費用として計上されています。
また、協力金や国の一時支援金を受給していない飲食店や飲食店と取引のある業者などのうち、ことし4月から今月までのいずれかの月の売り上げが、去年もしくはおととしの同じ月より3割以上減少した場合、法人に40万円、個人に20万円の支援金を支給する費用として16億6000万円を盛り込んでいます。
このほか、飲食店で感染防止対策が適切にとられているか、第三者が確認して認証する制度を導入するための経費として8800万円あまりが計上されています。
伊原木知事は「引き続き緊急事態宣言の解除に向け、県民や事業者に対し協力を要請するとともに、今後、第三者認証制度の導入によって飲食店における感染防止対策の推進と、安心して利用できる環境の整備を図っていきたい」と述べました。
6月定例県議会は、来月5日まで行われます。

/////

この記事へのコメント