イオンモール 岡山 周辺 プレミアムフライデーに合わせ、月末の週末に「イオン ビッグフライデー」を開催

イオンモール 岡山 周辺 プレミアムフライデーに合わせ、月末の週末に「イオン ビッグフライデー」を開催
イオンモール岡山 320 フライデー 320.jpg
( イオンモール岡山 プレミアムフライデー は 「イオン ビッグフライデー」!)
イオンリテール株式会社は、2017年2月24日(金)より実施されるプレミアムフライデーに合わせ、月末の金曜日から日曜日までの3日間「イオン ビッグフライデー」を開催します。

イオンでは、店舗ごとに様々な取り組みを実施し、日常よりも少し豊かな時間を過ごすための商品やサービス、イベントを通して「プレミアムフライデー」を盛り上げていきます。

【イオン ビッグフライデーの一例】
◆“お家ごはん”をいつもより、ちょっと贅沢に過ごすご提案◆
いつもよりちょっと時間ができるので、普段はあまり作れない少し手の込んだ料理のご提案や、月末給料日後だからこその、ちょっと贅沢な食材やこだわりメニューのご提供をします。

◆イオンの薬剤師や、社内認定資格者による講習会や試飲・試食会の実施◆
いつもは時間が無くてお尋ねいただけなかったことや、時間をかけて、じっくり試しながら、お買い物を楽しんでいただける機会をご提供します。

<一例>
・薬剤師による「健康相談会」
・“イオンベビーアドバイザー”による「ベビー用品相談会」
・快適な眠りをご提案する「快適寝具体験会」
・ワインアドバイザーによる「ワインの試飲」

◆金曜日4時からの限定タイムサービス◆
必要なお買い物は、土曜日や日曜日にまとめてしているけれど、金曜日に終わらせて、週末は旅行に出かけたり、のんびりお家で過ごしたい。といったニーズにもお応えし、月末の金曜日4時から、お得なタイムサービスを実施します。

◆1ヵ月がんばった自分にご褒美を◆
ひと月がんばったココロとカラダをリフレッシュするためのアイテムや、自分へのご褒美ギフトを取り揃えます。また、一部のビューティーコーナーでは、肌診断を体験いただけます。

※イオン ビッグフライデーは店舗ごとに実施内容が異なります。掲載内容は一例となります。
イオン 岡山 320 プレミアムフライデー 320.jpg
(イオンモール岡山 プレミアムフライデー は「ビッグフライデー」)
//////
2017年2月24日(金)スタート!

毎月、月末の週末が変わります。

毎月、月末の週末は「イオン ビッグフライデー」。
イオンモール岡山でごゆっくりお過ごしください。

「プレミアムフライデー」に合わせて、毎月最後の金曜日から「ビッグフライデー」を開催!
ご家族や仲間と待ち合わせて、いつもの週末とはちょっと違うショッピングやイベントをお楽しみください♪
//////

【専門店限定】
《毎月、月末の週末金曜からの3日間連続》

WAON POINT つかって、おトク!
10%ポイントバック!!

【期間】
2月24日(金)~26日(日)

たまっている「WAON POINT」をWAON POINT加盟店でご利用いただくと、後日(※1)ご利用WAON POINT数の10%(※2)を還元いたします。
※電子マネーWAONカードのWAONポイントのご利用は対象外となります。

※1 翌月末までに、WAON POINTをご利用いただいたカードに受持付与いたします。
※2 端数は切り捨てとなります。(9WAON POINT以下のご利用では、還元率10%の菅さんをした場合、1WAON POINTに満たない端数となるため還元されません。)

●3日間でご利用頂いたWAON POINTの合計が対象です。
●WAON POINTの還元は、最大10万WAON POINTとさせていただきます。
●一部の専門店および、サービス・商品に対象外がございます。
●イオン(総合スーパー)・イオンスタイル・食品スーパーは対象外となります。
●北海道地区、九州地区と沖縄地区の一部イオンモール、イオンショッピングセンターは対象外となります。ただし、イオンモール旭川駅前専門店とイオンモール沖縄ライカム専門店は対象です。

★イオンモール岡山内の対象店舗はこちら⇒WAON POINT加盟店
※4F エリプスはWAONPOINT加盟店ですが10%ポイントバック対象外となります。ご了承ください。
//////
参考

イオンモール岡山 飲食  2017年  行列(人気)ランキング(昼食編)ランチ

イオン 岡山 飲食  2017年  行列(人気)ランキング(夕食編) 食事 ディナー
//////

プレミアムフライデー、早く帰れる職場はわずか2.5%

月末の金曜日は午後3時に仕事を終える「プレミアムフライデー」が2月24日からスタートした。経済産業省が官民連携体制で推進し、外食や旅行など多くの企業が、さまざまなキャンペーンを打ち出している。しかし、2月上旬にインテージが実施した意識調査によると、職場で奨励や実施が決まっていると答えた人はわずか2.5%に留まった。


調査では、京浜エリアに住む20代から50代の一般有職者6,750名に対して、「プレミアムフライデー」についてアンケートを実施。奨励・実施されるかどうかについては、76.6%が「わからない」、20.9%が「実施されないことが決まっている」となり、「奨励・実施されることが決まっている」人はわずか2.5%だった。世間の反響などを考慮しながら施策を考えていく企業の姿勢が窺える結果となった。


「プレミアムフライデー」直前の意識調査


「プレミアムフライデー」の認知率については、7割近くの人が「知っている」や「聞いたことがある」と回答。しかし、「内容まで知っている」人は約3割と低く、また、「知らない」と答えた人も同数の約3割となり、「プレミアムフライデー」自体がまだ浸透していないことがわかった。


また、「プレミアムプライデー」に対する印象については、認知者の4割以上が肯定的。「早く帰れる」を筆頭に「経済活性化や消費拡大につながると思う」「ワークライフバランスが取れる」といった理由を挙げている。特に、男女共に20代から30代は期待値が高い。一方、否定派は「全ての職業の人が早く帰れるわけではない」「他の日・他の人に仕事のしわ寄せがくる」といった周囲に対する気遣いや、早く仕事を終えられない職業の人に対しての公平性への懸念を抱いている。



//////

この記事へのコメント